J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

Column うつ病は「宇宙カゼ」?面白がりつつ、前向きに―『ツレうつ。』から学ぶ、うつと前向きに付き合うコツ―

ある日、身近な人がうつ病になったらどうするか――漫画『ツレがうつになりまして。』の作者、細川貂々氏が取った行動は、気持ちを前向きに切り替え、“面白がる”ことだった。職場や家庭でメンタル不調者が出た時によく聞かれるのは、本人に対して周囲がどう接したらよいか戸惑ってしまうということ。そこで、細川貂々氏と“ツレ”こと望月昭氏の経験から、周囲と本人がうつにうまく付き合うコツを紹介する。

残り:1,535文字

/

全文:2,046文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

望月 昭(もちづき・あきら) 氏
1964年東京生まれ。外資系IT企業に勤務するも、うつ病に。2007年に寛解し、現在は家事・育児を一手に引き受けつつ、「てんてん企画」の運営・執筆等を行う。
細川貂々(ほそかわ・てんてん)氏
1969年埼玉県生まれ。1996年に漫画家としてデビュー。2006年に出版した『ツレがうつになりまして。』(幻冬舎)が大きな反響を呼び、2011年には映画化。

取材・文・写真/石原野恵