J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

Opinion① 人と組織がイキイキする「 ポジティブ・メンタルヘルスケア」

企業におけるメンタルヘルスケアは、これまで基本的に経営と切り離された形で行われてきた。しかし、組織としての総力をより高めていくには、不調への対処・予防だけでは十分ではない。その時に鍵となるのが、働く一人ひとりのワーク・エンゲイジメントを高めることである。今後ますます重視されるメンタルヘルスケアのあり方について、多くの企業でメンタルヘルスケア施策にかかわり、ワーク・エンゲイジメントに関して検証してきた東京大学大学院の島津明人氏が語る。

残り:3,356文字

/

全文:4,195文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

島津 明人(しまず・あきひと) 氏
早稲田大学第一文学部、同大学院文学研究科卒業後、早稲田大学文学部助手、広島大学大学院教育学研究科専任講師、助教授、ユトレヒト大学社会科学部客員研究員を経て、2007年より現職。「ワーク・エンゲイジメント」「ストレス対策」「ワーク・ライフ・バランス」をテーマに、企業組織における人々の活性化・メンタルヘルスを研究している。共著・単著に『自分でできるストレス・マネジメント』(培風館/刊)、『じょうずなストレス対処のためのトレーニングブック』(法研/刊)他。

取材・文・写真/石原野恵