J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

特集 高ストレス時代を生き抜く ポジティブ・メンタルヘルスケア

仕事のスピード化はとどまるところを知らず、経営環境の変化もはなはだしい。働く人々を取り囲むストレス要因も多様化し、いつ、誰がメンタル不調に陥っても不思議ではない環境に、日本の職場はある。若手を中心に「現代型うつ」という、新しいうつ病が増えているともいわれている。こうした状況下で必要なのは、メンタルヘルスケアを単にそれ個別の取り組みとしてではなく、職場風土づくりと捉えて多角的な取り組みを行っていくことだ。会社ぐるみで「メンタルヘルス対策」=明るい職場づくりをしていくためには何が必要なのか。本当に社員が救われ、企業も生産性を向上する対策を考察する。

残り:2,195文字

/

全文:2,926文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン