J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

TOPIC 3 人材育成に関するカンファレンス ASAP 2011 告知 グローバルスタンダードを肌で感じる アジアでの人材開発カンファレンス

世界最大の人材育成・開発機関であるASTDと、シンガポールを拠点にローカルで人材開発に携わってきたSTADAが主催する人材育成に関するカンファレンス、ASAP 2011。来る2011年11月16日から18日、シンガポールにて行われる本会議が、日本の人事・人材開発部門にとってどのような意義を持つのか。ASTD日本支部会長で、ASAP 2011のパネリストを務める中原孝子氏に聞いた。

プロフィール


中原 孝子(なかはら こうこ)
インストラクショナル デザイン 代表取締役/ASTD日本支部会長
国立岩手大学卒業後、米コーネル大学大学院にて、教育の経済効果、国際コミュニケーション学等を学ぶ。その後、慶應義塾大学環境情報学部武藤研究室訪問研究員として、データマインニングやeラーニングなどの研究に携わる。米系製造販売会社、米系グローバル金融機関、米系IT会社にてトレーニングや人材開発戦略マネジャーとして活躍後、インストラクショナルデザインを設立。ASTD会員、ASTDインターナショナルジャパン会長。

取材・文・写真/石原 野恵