J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

調査レポート 「Assessments 2011: Selecting and Developing for the Future」より データからわかる北米企業のアセスメント活用状況

北米を中心とする海外企業の8割強がアセスメントを導入しており、とりわけ業界をリードするトップ企業ほど、人材活用や育成のために戦略的にアセスメントを活用しているという実態が明らかになった。「Assessments 2011: Selecting and Developing for the Future」の調査から、北米企業を中心とする海外企業の最新のアセスメント活用状況を紹介する。

プロフィール


ケイ・L・コッター
パーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン 代表取締役社長
イリノイ工科大で産業組織心理学博士号取得。金融系企業を経て、1990年パーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル(現PDI Ninth House)入社。アセスメント部門を率い、世界各拠点で同サービスの拡大に貢献。2003年PDI Ninth House日本法人社長に就任。現在、日本と韓国の組織経営とともに、コンサルティングやエグゼクティブ・コーチングにも従事。