J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 フランス映画のような余韻で 研修と現場の学びをつなぐ

工業用シール剤・接着剤の分野のリーディングカンパニーであるスリーボンドの創業は1955年。現在は、日本、北中米、南米、欧州、アジア、中国の世界6極体制を軸としたネットワークづくりを進めている。人材開発部部長の大石正人氏は、12年もの長きにわたるアメリカ駐在の経験を持つ。社会人野球の選手としてスリーボンドに入社した大石氏は、ユニフォームからスーツに着替えた後も、営業、海外転勤、そして教育担当と幾度となく試練を乗り越えてきた。未知の役割にも常に全力投球する強さと情熱を持つ大石氏に、人材開発への思いを聞いた。

プロフィール


人材開発部 部長
大石 正人(Masato Oishi)
1986年4月スリーボンド入社、研究所・研究統括部配属(硬式野球部)。1988年福岡支店へ異動。1991年ThreeBond USA,Inc.、1997年ThreeBond International, Incへの出向を経て、2000年スリーボンド サンノゼ駐在員事務所 所長就任。2004年営業本部営業三課 課長、2009年人事部人材開発課 課長を歴任。2011年現在に至る。

スリーボンド
1955年東京スリーボンドとして創業。工業用接着剤などの製造・開発販売を手がける。創業理念として「仕事を通じて愛を実現する」「仕事を通じて人類、社会に奉仕する」「仕事を通じて魂の向上、発展をはかる」を掲げ、国内約100カ所、海外約50カ所に生産・販売拠点を設ける。
資本金:3億円、売上高:341億円(2010年度実績)、従業員数:411名(2010年12月末現在)

取材・文/浅久野 映子、写真/髙橋 美香