J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

企業事例4 本人・上司・人事が気づき成長する 昇格時のアセスメント

昇進・昇格の際に活用されることが多いアセスメントセンター法。しかし、その結果を単に人事データとしてとどめてしまっては単なる評価指標というだけで終わってしまう。ローソンでは、アセスメント結果を人事・本人・上司の三者がそれぞれ検討、分析し、それぞれの気づきとその後の学びへと結びつけている。将来的にはアセスメント結果をベースに、個人の力を最大限に活かすタレント・マネジメントを実現したいという同社。その取り組みを取材した。

プロフィール

山上 賢一 ローソン ヒューマンリソースステーション 人事管理 マネジャー

ローソン
1975年ダイエーローソン設立。1979年ローソンジャパンに、1996年ローソンに社名変更。全国でコンビニエンスストアのフランチャイズチェーンを展開。地域の顧客ニーズに合わせた店舗づくりによって、「マチのほっとステーション」をめざす。2011年2月末現在の総店舗数は9853店(国内のみ)。
資本金:585億664万4000円、全店舗売上高:1兆6828億円、社員数:5703名(いずれも2011年2月末現在)

取材・文・写真/石原 野恵