J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

企業事例2 自らの現在位置を知り、 自己成長へつなぐアセスメント

東急リバブルでは、階層別教育の一環として、新任の部長職とリーダー層に対してアセスメントを実施している。同社においてアセスメントは、客観的に自分の現在位置を認識し、求められる役割に向けて成長を促すためのツールとして位置づけられる。どのようにアセスメントを活用し、組織の中核を担うマネジャークラスの自己成長を支援しているのだろうか。

プロフィール

今野 一男 経営管理本部 人材開発部長
中川 吉男 経営管理本部 人材開発部 部長 兼 能力開発課長

東急リバブル
1972年設立。地域密着型の「売買仲介」、事業用・投資用不動産の売買仲介を行う「不動産ソリューション」、賃貸関連事業を総合的に扱う「賃貸」、東急グループ各社をはじめ不動産関連企業の物件の受託販売を行う「販売受託」の4つを柱とし、多彩な不動産流通ビジネスを展開する。
資本金:13億9630万円、売上高:557億円(連結、2011年3月期)、従業員数:2275名(連結2442名)(2011年3月末現在)

取材・文・写真/石原 野恵