J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

Opinion 人を動機づける新パラダイム 「アセスメント3.0」

人事評価とほぼ同義であるアセスメント。アセスメントで個人を分析することで可能となる最終段階が、モチベーションへの働きかけである。モチベーションがなければ、人は仕事をおっくうに思い、仕事から学ぶこともできない。モチベーションを上げ、成長を促すこれからの評価、アセスメントの新パラダイムとは――経営と人事管理を心理学的アプローチから研究してきた髙橋潔教授が記す。

プロフィール


髙橋 潔(たかはし きよし)
神戸大学大学院 経営学研究科 教授
1984年慶應義塾大学文学部卒業。1996年ミネソタ大学経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。南山大学総合政策学部助教授などを経て、神戸大学大学院経営学研究科教授。専門は、組織行動論と産業心理学。産業・組織心理学会理事、人材育成学会常任理事などを務める。著書に『人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価』(白桃書房)など。