J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 「創って作って売る」を極めれば、 組織はひとりでに回り出す

1970年代に襲ったオイルショック。アルミ製錬という事業の根幹が大きく揺らいだことで、日本軽金属は大きな組織変革を迫られた。めざすは「アルミ+1(プラスワン)」。そこで必要となったのが「創って作って売る」人材の育成だった――社員の意識変革を促した人づくりへの思いを聞いた。

プロフィール


日本軽金属 代表取締役社長
石山 喬(Takashi Ishiyama)
生年月日 1944年3月9日
出身校 北海道大学工学部卒業
主な経歴
1967年4月 日本軽金属入社
1990年4月 新潟工場長
1994年6月 技術・開発本部技術部長
1997年2月 軽圧本部技術・開発グループリーダー 兼 軽圧本部技術企画部長
1997年6月 取締役
2000年6月 執行役員
2001年4月 常務執行役員
2001年6月 取締役 兼 常務執行役員
2003年6月 取締役 兼 専務執行役員
2006年6月 取締役 兼 副社長執行役員
2007年6月 代表取締役社長
現在に至る

日本軽金属
1939年創業。アルミニウムの製造から、研究、開発、加工、製品、販売、そしてリサイクルに至るまでの事業を幅広く行うアルミ総合一貫メーカー。長年培った豊富な知見と素材を活かす技術力を強みとし、自動車・電機・電子・情報通信、環境・安全・エネルギー、建築、鉄道、食品など多分野にわたる顧客の課題を解決する多種多様な製品を開発・提供する。
資本金:390億8465万4715円(2011年3月31日現在)、単独売上高:1476億300万円、連結売上高:4294億3300万円(2011年3月期)、単独従業員数:1929名、連結従業員数:9739名(2011年3月31日現在)

インタビュアー/西川 敦子 写真/山下 裕之