J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年07月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 活躍するフィールドを広げると現業へのモチベーションも高まる

ドキュメントとコミュニケーションにかかわる課題を可視化し、全社最適の視点から経営課題解決と企業のビジネスの成長をサポートしている富士ゼロックス。グループ企業に富士ゼロックス総合教育研究所を擁する同社は、人材開発に力を入れている企業として知られる。山﨑紅氏は、営業人材の育成を中心に、13年間人づくりに携わってきた人物。今年4月、業務プロセス変革に取り組む変革マネジメント部へ異動した。氏は、「高いモチベーションを維持するには、活躍できるフィールドを広げることが大切」と話す。その意味は。

プロフィール

山﨑 紅 (Akashi Yamazaki)氏
10年間のSE部在籍を経て人材開発部門へ異動。人材開発戦略部門を担当する一方、社外向けには人材開発コンサルタントとして執筆活動、講演、コンサルティングに従事。著書に『勝てる企画書』『ロジカルシンキングのための見える化入門』などを持つ。企業、官公庁、大学、各種教育機関などで指導。
富士ゼロックス
1982年、富士写真フイルムとランク・ゼロックス社(英)との合弁会社として創立。カラー複合機、カラープリントシステムをはじめとするオフィス機器の製造・販売・開発を手がける。国内主要都市300カ所に支店・営業所を構える他、海外にも拠点を有する。
資本金:200 億円、売上高:9831億円(2010年度)、社員数:4万2529 名(2011年3月期連結)、9627名(2011年3月期単独)
取材・文/髙橋美香、写真提供/富士ゼロックス