J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年07月号

企業事例3 日本山村硝子 多角的なサポート体制が“教わる-教える”の連鎖を生む

日本山村硝子では、昨年、研修体系の再構築を実施。新入社員研修のあり方から階層別研修に至るまで、大幅に見直しをかけた。2014年に創業100周年を迎える同社は、世界的に展開するグローバル企業でもある。そこで同社が昨年から本腰を入れて取り組んでいるのが、グローバル人材の採用だ。特徴は、20年前からフィリピンの合弁会社のサポートを受け、フィリピン人の新卒採用を行ってきたという点。海外人材も含めて“教わる-教える”の連鎖に挑戦している同社の事例を紹介する。

プロフィール

渡邊 悦子 氏
コーポレート本部 人事部 人材開発グループ リーダー
五百籏頭 健 氏
コーポレート本部 人事部 人材開発グループ 係長
日本山村硝子
1914年ガラスびんメーカーとして創業。兵庫県尼崎市に本社を構える。ガラスびん・プラスチック容器、粉末ガラス・ガラスペースト等の製造・販売、製びん関連設備の製作・販売等を手がける。現在ガラスびんの国内市場シェア約40%を占める。
資本金:140億円、売上高:709億2800万円、従業員数:1059名(数値はいずれも2012年3月31日現在)
[取材・文・写真] = 髙橋美香 [写真提供] = 日本山村硝子