J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年07月号

企業事例1 住友商事 「指導員制度」がつくる“教え合い”“学び合う”風土

住友商事では、約半世紀もの長きにわたって「教える・教えられる」という関係が脈々と受け継がれてきた。そうした関係性をつくっている代表的な取り組みが「指導員制度」である。同社では、指導員と呼ばれる先輩社員が入社1年目の社員につきっきりで、仕事の進め方から社員として持つべき価値観や組織の仕事文化に至るまでを徹底指導する。教える側はインセンティブがなくても皆、当たり前のように後輩を指導しているという、同社の若手社員育成の仕組みを紹介する。

プロフィール

西條 浩史 氏
人事部 部長代理 人材開発チーム長
住友商事
1919年大阪北港株式会社として設立。住友グループの総合商社として、現在、金属、輸送機・建機、インフラ、メディア・ライフスタイル、資源・化学品、生活産業・建設不動産などの分野で展開している。
資本金:2193億円、売上高:8兆3493億円、従業員数:5159名(単独)、6万4886名(連結)(数値はいずれも2011年3月31日現在)
[取材・文・写真] = 髙橋美香