J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年07月号

Opinion 2 「教える」チャンスを提供し育成の風土を根づかせる

人を教育することは、自分が成長するチャンス。そんな当たり前のことが、職場では実感しにくくなっている。「教える」ことで得られる効用を再確認し、再び企業成長の武器にするためには、継続して教える機会を提供し、この機会を逃さないよう職場全体で支える、育成の風土づくりが必要だ。

プロフィール

関根 雅泰(せきね・まさひろ)氏
アメリカ州立南ミシシッピー大学卒業。2005年、ラーンウェルを設立。新入社員を指導する先輩OJT担当者向けの研修を各企業にて実施。2010年、東京大学大学院 中原淳准教授の研究室に参加。社会人大学院生として研究に従事。専門分野は「OJT、組織社会化」。著書に『仕事の教え方』『教え上手は学ばせ上手』等。

[取材・文・写真] = 中山 景