J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年07月号

Opinion 1 “教え”の本質は“学び”にあり ――江戸時代に見る教育の原理

企業の中で、先輩から後輩にいかに“教える”か。 また、職場のメンバーが互いに教え合い、学び合うためにはどうすれば良いかが課題となっている。そもそも、“教える”ということの本質は何だろうか。京都大学名誉教授の辻本雅史氏は、江戸時代の手習塾や藩校などで行われていたのは、「教え込む」のではなく、「滲み込ませる」教育であったと述べる。 江戸の学びについて考えることで、「教える―学ぶ」という関係性が多様に変化する企業の人材育成のヒントを探りたい。

プロフィール

辻本 雅史(つじもと・まさし)氏
1949年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。光華女子大学、甲南女子大学教授を経て、京都大学大学院教育学研究科教授に。2012年3月に退職し、名誉教授となる。専門は、日本教育史、思想史。江戸期の教育と思想の研究から、日本の社会の特質や教育文化を読み解いている。著書に『「学び」の復権―模倣と習熟―』(岩波現代文庫)、『思想と教育のメディア史』(ぺりかん社)他多数。
[取材・文・写真] = 石原野恵