J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

論壇 世界中どこでも通用する ユニバーサル・リーダーシップとは

国籍、人種、性別、宗教、年齢、受けた教育もバラバラなメンバーで仕事を行う時代が、すぐそこまで来ている。そこで必要なのが、ダイバーシティ環境をものともせず、活躍するグローバルリーダーである。では、どんな国でも通用するリーダーに求められる能力とはどんなものなのだろうか。この問いを解く研究を、現在もコンサルティング会社のニューヨーク事務所で、さまざまなバックグラウンドを持つ人材とともに働く藤村融氏が、自らの体験やヒヤリングなども含めて行った。

プロフィール


藤村 融(ふじむら とおる)
Grant Thornton Consulting ニューヨーク事務所 ディレクター
MBA、 教育学修士。KPMG(日米)を経て現職。10年以上にわたり、主に日米のグローバル企業の競争力向上のコンサルティングを行う。代表的な施策例としては、グローバル戦略立案/実行、業務改善、組織再生・改革(M&Aを含む)、組織・人材戦略などがある。製造業、通信、化学、エネルギー業界のクライアントが多い。