J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

TOPIC 2 ~グローバルサプライチェーン・マネジメント~ 知識体系の共有が生む国際競争力

供給網の安定的な確保、事業継続計画策定といった視点から、サプライチェーン・マネジメント(SCM)の重要性が高まっている。とりわけグローバル・サプライチェーン体制の整備に取り組む企業が増加しつつあるものの、日本では、これまで具体的な運用のための共通言語を持たなかった。そこで今回、日本生産性本部によりSCMの国際資格が日本でも認定可能に。その概要と日本における可能性を紹介する。

プロフィール


黒田 和光(くろだ わこう)
1960年東京生まれ。上智大学卒、日本大学経営大学院卒。ジョージタウン大リーダーシップコーチングコース修了。日本生産性本部入社後、人材開発プログラム開発、海外技術協力担当、米国事務所長代行などを経て、2010年9月よりグローバル・マネジメント・センター長を務める。中小企業診断士、エグゼクティブ・コーチ。