J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 地道で煩雑な日々の仕事からも 前向きに学ぶ枠組みを整備

妊娠、出産、子育て、介護の分野で、経営理念である“愛”を商品やソフト・サービスとして提供するピジョン。1957年の設立以来、右肩上がりの成長を続け、現在、「グローバルカンパニーとしての自立」をスローガンに海外への積極的な事業展開を行う。同社では、そのための不可欠な枠組の1つとして、自立型人材の育成をめざす人事制度の仕組みを整備し続けている。その推進役を担っているのは、執行役員 人事総務本部長 板倉 正 氏だ。営業職をはじめ多様な職種を経た板倉氏は、「人事の専門性を高めたいという思いが徐々に強くなっていった」と話す。そのココロを伺った。

プロフィール


執行役員 人事総務本部長
板倉 正(Tadashi Itakura)
1987年入社。営業商品本部販売部大阪店販促普及課配属。以降、マーケティング本部開発部開発管理課、経理部財務グループ等を経て、2003年人事総務部へ異動。2007年人事総務部チーフマネジャー、2009年1月現職。

ピジョン
1957年設立。企業理念を「愛」、社是を「愛を生むは愛のみ」とし、育児・マタニティ・女性ケア・ホームヘルスケア・介護用品等の製造、販売および輸出入、保育事業などを展開する。
資本金:51億9959万円、売上高:570億6100万円(連結2011年1月期)、従業員数:882名(単体、2011年1月現在)

取材・文/浅久野 映子、写真/高橋 美香