J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

企業事例2 発信力としての英語力を磨き、 相手とのコミュニケーションレベルを上げる

英語力強化に取り組む企業は多いが、社員のモチベーションの維持は難しい。2009年から英語力強化に改めて取り組んだ双日では、当初社内でのさまざまな反応に直面しながらも、現在では英語学習を楽しむ雰囲気が醸成されつつあるという。その理由の1つは、“ビジネスに役立つ英語力をつける”という同社のコンセプトが明確なことだろう。相手を知り、自分を相手に知らせる―発信力を身につけ、実践で役立つ英語学習に力を入れている同社の取り組みを紹介する。

プロフィール


池本 健一 人事総務部 人材育成課課長

笹倉 淳 人事総務部 人材育成課上級主任

双日
2003年にニチメンと日商岩井が合併して設立された総合商社。国内7、海外91の拠点を持ち、機械、エネルギー・金属、化学品・機能素材、生活産業など多岐にわたる分野でグローバル事業を展開。
資本金:1603億3900万円、売上高:4兆146億3900万円、単体従業員数:2254名、連結従業員数:1万6456名(全て2011年3月31日現在)

取材・文/和田 東子、写真/本誌編集部