J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

Column グローバル時代に必要なのは 「完璧」ではなく「使える」英語 ―今こそ、英語への意識を変えよう―

グローバル化を考えるうえで避けては通れない、英語。一方で大半の日本のビジネスパーソンは、いまだ英語に対する苦手意識が強い。その壁を超えるには、完璧でなくてはいけないという思い込みを捨てること。グロービッシュを始めとする簡易英語を日本のビジネスに展開する関口雄一氏が、簡易英語の重要性とグローバルビジネスにおける可能性について語る。

プロフィール


関口 雄一(せきぐち ゆういち)
非ネイティブ英語コンサルタント
大学卒業後、リクルート社の採用領域における営業職を経てベンチャー企業経営へ転身。現在はビジネスツールとしての簡易英語を中心として、グローバル化を推進する企業や大学向けのコンサルティングや研修・講演活動を行う。メディア出演歴はNHK総合番組、J-WAVE、ビジネス雑誌など多数。著書に『非ネイティブのためのグロービッシュ式らくらく英語勉強法』(日本能率協会マネジメントセンター)など。

取材・文・写真/石原 野恵