J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

Opinion 仕事のルールをグローバル化すれば 誰でもグローバル人材に

日本に押し寄せているグローバル化の波。これまでさほどその必要性を感じてこなかった企業も、対応に大わらわだ。「グローバルビギナー」ともいうべき企業や個人はどんな問題に直面しているのか。最大の障壁は、日本特有の「ルールなき仕事のプロセスにある」と指摘するキャメル・ヤマモト氏。グローバル3.0時代を生き残る戦略について聞いた。

プロフィール


キャメル・ヤマモト(山本 成一 やまもと せいいち)
デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
東京大学法学部卒業後、外務省に入省。エジプト、イギリス、サウジアラビア、および東京に勤務。外務省を退職後、外資系人事コンサルティング会社(米国と中国に駐在)を経て現職。ビジネスブレークスルー大学教授。近著に『世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人』(幻冬舎)。

取材・文/西川 敦子、写真/本誌編集部