J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年09月号

企業事例2 資生堂 世界中の人の力を活かす制度と「資生堂Way」

資生堂は2008年に、10年後にめざす姿として「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレイヤー」を掲げた。その目標達成のために、創業以来初めて、外部から人事部門トップへの人材登用に踏み切る。すでに世界89の国や地域に拠点を抱え、海外売上比率44.3%にもなる資生堂。グローバル先進企業ともいえる同社の戦略を紹介する。

残り:3,515文字

/

全文:4,686文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

大月 重人 氏>> 執行役員 人事部長

資本金:645億円、売上高:6824億円(連結)、従業員数:約4万6000名(連結)(数値はいずれも2012年3月期)

[取材・文・写真] = 中村博昭