J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年02月号

組織の対話の量、質は 科学の力で測れる! 対話を可視化する「ビジネス顕微鏡」

対話の実態は目に見えない――そんな常識を覆す画期的なシステムがある。
最先端のセンサネット技術により、職場のダイレクトな
コミュニケーションを可視化する「ビジネス顕微鏡」である。
科学技術を駆使した顕微鏡が映し出す
「組織」と「対話」の関係について、開発者は語る。

残り:3,536文字

/

全文:4,714文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


矢野 和男氏 日立製作所 基礎研究所 主管研究長
人間・情報システムラボ長/博士(工学)/IEEE Fellow

取材・文/井上佐保子、写真/本誌編集部、日立製作所提供