J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年02月号

部下と上司の意識を変革し 本音の対話を引き出す

トヨタグループの高分子部品(ゴム・樹脂)部門の中核企業として、
自動車の内外装部品やエアバッグ、LED などを製造している豊田合成。
同社では、人材育成や組織改革の必要性を突き詰めた結果、2007年から、
上司と部下との関係に焦点を当てた“風通しの良い職場”づくりに注力。
管理職を対象に、研修や評価などを組み合わせた施策を行っている。

残り:3,263文字

/

全文:4,351文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小栗 達氏 人材開発部 主監
中神光弘氏 人材開発部 人材育成室 チームリーダー

豊田合成
1949年設立。高分子技術を中心に発展し、
現在では16の国と地域に44の拠点を設け
る、自動車部品およびLED分野のグロー
バルシステムサプライヤー。
資本金:280億円、売上高:連結4950億円、
従業員数:連結2万6084名(いずれも2010
年3月末現在)

取材・文・写真/赤堀たか子