J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

人事の職場拝見! 第38回 仕事上の経験と内省を重視する 現場との連携でつくり出す職場教育

「企業は人が財産」を理念に、社員一人ひとりの能力を伸ばすことが会社の成長につながると考えるサトーホールディングス。ダイバーシティを推進する中で、より強い組織への変革をめざす同社では、人財開発室と現場とが連携し、現場での教育・成長を重視した人財育成に取り組んでいる。

プロフィール

自動認識技術によるソリューション
で世界No.1をめざす
サトーホールディングス
■会社データ
設立:1951年(創業:1940年)
従業員数:4,162名(連結2013年3月31日現在)
事業内容:自動認識ソリューションの提供を核とするグループ全体の経営戦略の策定・経営管理
■部門データ
人財開発室:10名
職務内容:タレントマネジメント、採用、研修、制度等