J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

TOPIC スタンフォード大学心理学教授 キャロル・ドゥエック氏に聞く マネジャーが前向きなマインドセットを高める方法

ビジネス環境の変化が激しさを増す中、企業が顧客に対して高い付加価値を提供し続けるためには、継続的な変革、成長が必要だ。組織でそれを実現するために中核的な役割を果たすのがマネジャーである。では、マネジャーたちが、部下の本来持っている能力を高め、よりよい成果に結びつけるためにはどうすればよいのか。そうした人の能力発揮に密接に関連する心の持ち方、「マインドセット」について、『「やればできる!」の研究』(原題:『Mindset』)の著者であり、米国スタンフォード大学心理学教授の、キャロル・S・ドゥエック(Carol S. Dweck)博士に話を聞いた。

プロフィール

キャロル・S・ドゥエック(Carol S. Dweck)氏
スタンフォード大学心理学部 教授。社会心理学、発達心理学等における世界的研究者。どうしたら人は成功を収められるのか、達成を促進できるかといった、モチベーションや人間関係、精神保健に関する研究で大きな業績を持つ。2000年の著書、『Selftheories:Their Role in Motivation,Personality,andDevelopment』 は数カ国語に翻訳された。

取材/青木 千絵、構成・文/渡辺 史敏、写真/片岡 大輔