J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

CASE.2 ソフトバンクグループ 社内認定制度にまで! 熱い想いを持つ社員と人事が二人三脚で内製化に取り組む

ソフトバンク(本社:東京都港区)では、人材育成を目的とした企業内大学ソフトバンクユニバーシティの半分の研修を内製化。社内講師認定制度も設け、年齢・職種を問わず多彩な講師が活躍している。なぜ内製化に成功できたのか。理由を探った。(同社の研修内製化については本誌2013年7月号TOPICにも掲載。)

プロフィール

     源田 泰之 氏 人事本部 人材開発部 部長    武田 健佑 氏 人事本部 人材開発部 人材開発2課 課長

ソフトバンク
1981年設立。インターネットを事業基盤に、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ヤフーをはじめ約1,300社のグループ企業を有する純粋持株会社。経営理念である「情報革命で人々を幸せに」をもとに事業を進め、2010年に発表した新30年ビジョンでは「300年成長する企業」をスローガンに掲げた。
資本金:2,387億7,200万円、連結売上高:3兆3,783億円(2013年3月期)、社員数:187名、連結:2万4,598名(2013年3月現在)

[取材・文]=熊谷 満 [写真]=本誌編集部