J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

HOW TO 人事の付加価値を生む 研修のつくり方

年間プログラムを埋めるための、「研修をやるための研修」になっていないだろうか。そもそも研修は、何のために行い、人材開発の存在価値はどこにあるのか。企業の人材開発領域で経験を積み、現在はコンサルタント、ファシリテーターとして外部から企業のさまざまな研修、ワークショップにかかわる由佐氏に、人材開発部の存在意義も踏まえて、研修のつくり方を聞いた。

プロフィール

由佐 美加子(ゆさ みかこ)氏
国際基督教大学修士課程、米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院組織開発修士課程卒業。野村総合研究所、リクルート、マースジャパンを経て独立。2013年から現職。これまで学んだリーダーシップ論や組織開発論、ホールシステムアプローチなどを活かして活動している。翻訳書に『U理論』(英治出版)がある。メール:yusa@cc-creators.com

[取材・文]=西川 敦子 [写真提供]=由佐 美加子 氏