J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

OPINION 1 なぜ、今、内製化なのか 研修開発のイニシアチブを人事が握る

この数年、研修を企業で内製化する動きが進んでいる。『研修開発入門』(ダイヤモンド社)を上梓する中原氏は「研修内製化へ向かうのは必然」と話す。その理由と、人材開発部がすべきことを聞いた。

プロフィール

中原 淳(なかはら じゅん)氏
東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等を経て、2006年より現職。著書に『職場学習論』『経営学習論」(ともに東京大学出版会)など。今春に新刊『研修開発入門』(ダイヤモンド社)、『マネジャー育成を科学する(仮題)』(中央公論新社)など。最近は、Yahoo!個人でのサイトもオープン。

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=株式会社Trinity