J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

特集 組織を変える ゼロからわかる研修内製化

長引く不況もあり、今ブームとなっている研修内製化。そのきっかけの多くは、コスト削減のようだが、それで本当に効果的な研修ができるだろうか。効果的な研修内製化を行ううえで必要なこととは何か。今回の取材を通し、実はそれには、何のために研修を行うかという研修の目的、ひいては人材開発部門の仕事の捉え方が重要であることがわかった。本特集をそのような視点で読み、改めて考えてみてほしい。なお、本特集は「PART.1研修内製化」と「PART.2ワークショップ内製化」の2部構成とした。対話が重視され、ワークショップに対する関心が高まる一方で、多くの人が誤解をしているとの声もよく聞かれるからだ。ワークショップについて、今一度考え方から確認をしていただきたい。また、「明日から真似できる」具体的なヒントも多くちりばめた。次回の研修に、この中から1つでも生かしていただけたら、幸いである。