J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 夢を持ち失敗を恐れず 世界一に挑戦することで イノベーションが生まれる

120年以上の歴史を持つ老舗企業であるクボタ。農機を中心とした機械部門、パイプ・膜を中心とした水・環境部門、素形材を中心としたインフラ部門が社会の基盤を支えてきた堅実な企業といえる。歴史の長さはそれだけの財産を意味する一方で、グローバルに挑戦しなければならない今、過去の成功が変化の妨げにもなりかねない。そうした中、同社を変える原動力となっているのが、「夢」である。トップ自ら、「夢を見ているか?」、「世界一をめざしているか?」と社員に声をかけることで、会社全体が大きな夢に向けて前進するのだ。

プロフィール


クボタ 会長 兼 社長
益本 康男(Yasuo Masumoto)
生年月日 1947年4月21日
出身校 京都大学工学部精密工学科
主な経歴
1971年4月 久保田鉄工株式会社(現・クボタ)入社
2002年6月 取締役
2004年4月 常務取締役 ものづくり推進部担当
2004年6月 産業インフラ事業本部 購買部長
2005年1月 品質・ものづくり統括部 担当
2005年4月 産業インフラ事業本部 副本部長
2006年4月 専務取締役
2007年4月 東京本社担当 水・環境・インフラ事業 本部長
水・環境・インフラ事業 本部製造統括本部長
水・環境・インフラ事業 本部統括部長
東京本社事務所長
2008年4月 取締役副社長
2009年1月 代表取締役社長     
現在に至る
2011年1月 代表取締役会長     
現在に至る

クボタ
農業機械・エンジン・小型建機などの産業機械、ダクタイル鉄管・ポンプ・バルブ・水処理膜・鋼管・素形材などの水・環境・インフラ関連製品の製造・販売を行う。
資本金:840億円(2011年3月31日現在)、連結売上高:9337億円、単独売上高:5650億円(いずれも2011年3月期)、連結従業員数:2万5409名、単独従業員数:9647名(いずれも2011年3月31日現在)

インタビュアー/赤堀 たか子 写真/行友 重治