TOPIC 2006 ASTD State of Industry Report より 人材育成の投資バランスから学ぶもの

人材育成投資減税の制度がはじまって約2年。各企業とも、人材育成投資についてのベンチマークが欲しくても、なかなか手に入らないというのが現状だ。
そこで、平成19 年2 月8 日に行われたHRD JAPAN 2007 のプレゼンテーションセミナーで、中原孝子氏が発表した2006 ASTD State of Industry Report の考察について、氏に寄稿していただいた。

残り:3,284文字

/

全文:4,378文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る