My Opinion ―③ 技術標準を使ったブレンディング研修の学習設計

研修での「教育効果の最大化」を図るためには、学習設計を立てる必要がある。
その中で、研修目的に沿った研修のゴールを必然的に導くためにブレンディングを考えたい。ここでは、『JMAM社内教育技術標準』を基に、効果的なブレンディングのための学習設計に関する考え方と基本的な進め方を紹介していく。

残り:6,184文字

/

全文:8,245文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る