提言 「多異変な時代」に対応する人材育成の新しい波 プロジェクト・ベースド・OJT(P-OJT)へのアプローチ

ビジネス環境の激変に伴って仕事の進め方も変化し、「仕事=プロジェクトワーク」という時代に入った。
従来のOJTはルーチンワークの中で行われてきたが、仕事がプロジェクト単位になるとそこで行われるOJTも必然的に変化してくる。
プロジェクト・ベースド・OJT(P-OJT)は、このような背景から生まれた概念だ。
本稿では、P-OJTについて、これまでのOJTと何が違い、何が課題になるのかを模索する。

残り:4,507文字

/

全文:6,009文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る