J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

寺田佳子のまなまな 第20 回 小学校栄養士 松丸 奨さんに聞く 全力を注ぐ給食づくり

今回の「まなまな」のお相手は、小学校で栄養士として働く松丸奨さん。
おいしい給食をつくるため、並々ならぬ熱意で日々研究を重ねる熱血漢です。
そのこだわりの強さは、「給食バカ」を自称するほど!
「給食なのに、なぜそこまでするんですか?」
その答えは、松丸さんがつくるおいしい給食そのものにありました。

残り:2,802文字

/

全文:3,502文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松丸 奨(まつまるすすむ)氏
東京都文京区立金富小学校栄養士。華学園栄養専門学校を卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務し、病院食の献立作成や栄養管理に5年間携わる。2008 年より文京区立青柳小学校、2016 年からは文京区立金富小学校に勤務。第8回全国学校給食甲子園優勝。モットーは、「食事は子どもたちの夢や未来をつくる」。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
インストラクショナルデザイナー、ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術(JMAM)など。https://www.facebook.com/InstructionalDesignConsulting/