J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

スペシャルコラム 88歳でも、現役で活躍 目標があるから、頑張れる!生涯、生き生き働き続ける秘訣

化粧品製造・販売大手のポーラには、現在約4万2000人の
ビューティーディレクター(美容部員)が登録している。
そのうち約2600人は80 代、約300人は90 代の女性だ。
彼女たちは、若手にとってのロールモデルとなり、
「若い子に負けていられない」「後輩をもっと育てなきゃ」と、
モチベーションを高めているという。
現役ビューティーディレクターとして働く、千葉県船橋市のポーラ大志ショップ
ショップマネージャーの檜山八重氏(88)に、いつまでも現役として活躍し続ける秘訣を聞いた。

残り:3,031文字

/

全文:3,789文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


檜山八重(ひやま やえ)氏
ポーラ大志ショップ ショップマネージャー

1929 年、茨城県生まれ。1971 年、知人の勧めでポーラに登録。新人時代から全国トップクラスの成績を収め、本社から表彰された実績もある、この道46 年のカリスマビューティーディレクター。1日に必ず1~2軒は顧客を訪問し、メークアドバイスやヘアケア品など幅広い美容提案を行う。卓越した技術ときめ細やかな接客で、現在も多くの顧客の心をつかんでいる。

ポーラ
1929 年、静岡で創業。国内外の百貨店などに出店する他、全国に約4 万2000 名のビューティーディレクターを有し、専門店を通じて化粧品・健康食品などの販売を行う。「Science.Art.Love.」を企業理念に掲げ、女性に驚きと感動を届ける事業を展開する。
資本金:1億1000 万円、売上高:1161 億2600 万円(2016 年12 月期)、従業員数:1216 名(2016 年12 月末日時点)

[取材・文]=瀧川美里 [写真]=編集部