J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 上司のために「信頼レベル」で 仕事をする集団こそ成長する

今年、設立60 周年を迎えたピジョン。
長年にわたり培ってきた技術力と品質を強みとした育児用品の製造販売で世界に進出。
売上高は15 期連続増収、営業利益は6期連続増益と好業績を続ける。
2000 年代前半より、従来の同族経営からパブリックな企業へと
変革を進めてきた大越昭夫会長に、人が育つ要因と、「人間力」について聞いた。

残り:4,408文字

/

全文:5,510文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


大越昭夫(Akio Okoshi)氏
ピジョン 代表取締役会長 兼 取締役会議長
生年月日 1950年10月14日

主な経歴
1969年 4月 ピジョン入社
1989年 9月 ライト商会 代表取締役副社長
1998 年 8月 プラス工業(現ジェイフィルム)
産業資材事業部営業部長
2001年 8月 ピジョン 管理本部本部長付
2001年12月 執行役員
2004 年 4月 取締役
2006 年 4月 常務取締役
2007年 4月 代表取締役社長
2013年 4月 代表取締役会長 兼 取締役会議長
現在に至る

企業プロフィール
ピジョン
1957年、ピジョン哺乳器本舗として設立。哺乳器の製造販売からスタートし、育児用品総合メーカーへと成長。現在、海外70カ国以上で商品を販売。”Global NumberOne”の育児用品メーカーをめざす。
資本金:51億9959万円
連結売上高:946 億4000万円(2017年1月期)
連結従業員数: 3739名(2017年1月)


インタビュー・文/増田忠英
写真/中山博敬