J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

SPECIAL OPINION “休むため”から“ 働くため”の両立支援へ 育児中の女性をひとくくりにしないで! 働く女性が本当に望む支援とは

「現在の日本企業では、両立支援制度が充実していることで、かえって意欲のある女性がやる気をなくしてしまうことがある」―。そう指摘するのは、自身も仕事と子育てを両立する、女性活用ジャーナリストの中野円佳氏。女性活躍推進のミスマッチは、なぜ起きるのか。
著書『「育休世代」のジレンマ』でこの問題を社会に知らしめた中野氏に、育児中のワーキングマザーの本音と問題解決のヒントを聞いた。

残り:3,716文字

/

全文:4,645文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中野円佳(なかの まどか)氏
女性活用ジャーナリスト・研究者/株式会社チェンジウェーブ ダイバーシティ& インクルージョンデザイナー

1984年東京生まれ。東京大学教育学部卒業後、日本経済新聞社へ入社。第1子の育休中、立命館大学大学院先端総合学術研究科に入学。
同大学院に提出した修士論文を『「育休世代」のジレンマ』として出版し、2015年に日本経済新聞社を退社。現在、株式会社チェンジウェーブにて企業のダイバーシティ推進を手掛けながら、女性活用ジャーナリストとして活躍する。
〔取材・文〕=富田夏子  〔写真〕=編集部