J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

OPINION1 「初期キャリアの成功体験」「残業常態化の解消」がカギ 「意欲」と「両立」の支援が 働きやすさを生む

女性が働きやすい環境を整えるため、大手企業をはじめ多くの企業は、法定を上回る手厚い支援制度の導入を進めている。
だが、中央大学大学院教授の佐藤博樹氏によれば、制度の過度な利用が、女性のキャリア選択における“ 幅”を狭めており、メスを入れるべきは、「残業が当たり前」の働き方にあるという。その理由とは。

残り:3,165文字

/

全文:3,956文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


佐藤博樹(さとう ひろき)氏
中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール) 教授

1953 年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、雇用職業総合研究所(現労働政策研究・研修機構)、法政大学教授、東京大学教授を経て現職。専門は人事管理論。ダイバーシティ・マネジメントやワーク・ライフ・バランス研究の第一人者であり、内閣府男女共同参画会議議員をはじめ、ダイバーシティ推進に向けた官公庁の多数のプロジェクトに参画。代表的な著書は『人材活用進化論』(日本経済新聞出版社)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著・日本経済新聞出版社)、『ワーク・ライフ・バランス支援の課題』(共編著、東京大学出版会)など。


[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部