J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年02月号

特別企画 KAIKA カンファレンス 第一弾 HRD JAPANがKAIKAカンファレンスに進化 ~個の成長、組織の活性化、組織の社会性に目を向ける~

1982年から開催されてきた「HRD JAPAN(能力開発総合大会)」が、今年から新たに「KAIKAカンファレンス」として生まれ変わった。従来の組織をベースとした能力開発(HRD)の領域にとどまらず、個の成長・組織の活性化・組織の社会性を同時に実現するKAIKAの考え方をベースに、既成の枠を超えて新しい知の融合から応用点を探る場を提供する。オープニングでモデレータを務める伊藤良二氏が、KAIKAカンファレンスの背景にある企業と人事の今後の課題を、経営戦略の視点から語る。

残り:4,007文字

/

全文:5,342文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

伊藤 良二(いとう りょうじ)氏
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授、経営コンサルタント
マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー、UCC上島珈琲の経営企画・商品開発担当取締役、シュローダー・ベンチャーズ代表取締役、ベイン・アンド・カンパニー日本支社長等を経て現在に至る。専門分野は、経営戦略論、アントレプレナー・事業創造論、グローバルマネジメント論。