J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

気づきのトピックス 講演録 ATD2020ヴァーチャルカンファレンスレポート デジタルコミュニケーションや オンライン研修に役立つTips

1943年に設立された米国タレント開発協会(ATD、旧ASTD)は、毎年国際大会を行っているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急遽リアルカンファレンスを中止しヴァーチャルに変更。
2020年6月1日から5日にかけて開催し、その後3カ月間、アーカイブを公開した。
最終的に5人の基調講演を含む38のライブセッションと148のアーカイブ動画等で構成され、71カ国から4,500人が参加したという。
本稿では、ラーニングの転換に参考になる3つの講演のダイジェストを紹介する。

残り:5,286文字

/

全文:7,048文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Art Kohn 氏
神経科学者。企業内教育や組織開発、eラーニング、パフォーマンス改善等で執筆やコンサルティングを行う。
デューク大学にて認知科学で博士号取得。
著書に『Communicating With Psychology』。

Cindy Huggett 氏
2000年代初頭からヴァーチャル・オンライントレーニングに携わり、豊富な実践とコンサルティング経験を持つ先駆者。
講演も多数。主な著書に『The Virtual Training Guidebook』がある。

Erica Dhawan 氏
人や組織のコラボレーション、コネクショナル・インテリジェンスの専門家であり、教育・コンサルティング会社「Cotential」創業者。
知見をまとめた『Get Big Things Done』は全米2015年のベストセラー。

取材・文=佐藤直也、寺門大貴、宮川敬子