J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

気づきのトピックス講演録 チームで俊敏に行動しながら 心理的安全性を高め、 ビジネスを進める組織開発

「激変する経営環境に対応するには、将来の人と組織の在り方を構想できる経営視点をもったHRリーダーが必要である」―こんなコンセプトで、2019年から20年にかけて、全5回の会合「HRリーダー・コロッセオ」が行われた。
講師には、経営者や人事畑を経験した役員など、錚々たる面々がそろい、経営と人事の関係や真髄を伝えた。そこで、講義のダイジェストを誌面で再現し、共有する。
今回は第3会合より、日本ロシュ、中外製薬(ロシュグループ)、ベーリンガーインゲルハイムジャパンで人材開発やタレントマネジメントの責任者を務めた大野宏氏の講義に、後日加筆もいただいた内容を紹介する。

残り:3,760文字

/

全文:5,013文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

第3 会合
担当講師
大野 宏(Oono Hiroshi)氏
株式会社Weness JapanCoaching & Consulting代表取締役

大学卒業後、日本ロシュに入社。医薬品営業支店長を経て、スイス本社にて人的資源管理、エグゼクティブリーダーシップ開発のデザイン導入などに携わる。
帰国後日本ロシュ人材開発室部長、中外製薬(ロシュグループ)で人事部・人財開発部長に就任。
その後ベーリンガーインゲルハイムジャパンに移り、HRタレントマネジメント部長として、成果を生み出す働きがいのあるチーム・職場づくりの実現に向けたエビデンスづくりに尽力。
2014年より現職。