J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

特集│OPINION 4 浅田 すぐる氏  伝わる「紙1枚」が高める思考力と信頼  思考を整理し、考え抜く力を磨いて、 良質なアウトプットを生み出す

情報が整理され要点を押さえた資料づくりは、成果を生み出す仕事に欠かせない。
トヨタ自動車の「紙1枚」文化とよばれる良質なアウトプットのノウハウを、浅田すぐる氏に聞いた。

浅田 すぐる(あさだ すぐる)氏 「1枚」ワークス株式会社 代表取締役

作家・社会人教育の専門家。愛知県名古屋市出身。トヨタ自動車入社後、海外営業部門に従事。
同社の「紙1枚」仕事術を修得・実践。米国勤務などを経験したのち、6年目で同社のグローバル企業ウェブサイト管理業務を担当。
企業サイトランキングで全業界を通じ日本一を獲得する。その後、グロービスへの転職を経て、2012年に独立。
『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』(サンマーク出版)等、著書多数。

[取材・文]=菊池壯太 [写真]=浅田 すぐる氏提供

トヨタ自動車の「紙1枚」文化とよばれるその背景

トヨタ自動車(以下、トヨタ)では、社内での打ち合わせや様々な提案の機会にメンバーが共有する資料は、原則として「紙1枚」にまとめるという文化がある。そのルーツは定かではないものの、1960年代から始まった高度経済成長期にあるとされている。国内産業は右肩上がりの成長を続け、働く人々の所得が倍増したこの時代、トヨタの職場も例外なく多忙を極めた。同時に、国際情勢やビジネスを取り巻く環境は大きく流動する時代に突入し、新たな課題が次々と発生する。その対応を余儀なくされるなかで、会議や打ち合わせの機会も激増した。

時間がいくらあっても足りない状況のなか、どうすれば短時間でポイントや要点を絞って、多様な関係者と共有できるのかを模索するうちに、自然発生的に定着していったのが、「紙1枚」なのだという。

サラリーマン時代はトヨタに在籍し、現在は「紙1枚」による思考整理やコミュニケーション手法を社会人教育の世界で提供している浅田すぐる氏は、次のように話す。

「最初は工場の現場で模造紙を使うことが多かったようですが、だんだんホワイトカラーにも降りてきて広がっていったようです。そして、いざ『紙1枚』にまとめることを実践してみると、数々の思いもよらぬ効果が生まれました」(浅田氏、以下同)

言うまでもなく、トヨタは今日では世界有数のグローバル企業に成長している。「紙1枚」によって時短を実現しアウトプット力を高めたことが、その発展の背景にあったといえるかもしれない。

では、私たちのビジネスシーンでアウトプット力を高めるために、「紙1枚」をどう活用すればいいだろうか。浅田氏は、「『紙1枚』は資料作成術ではなく、資料作成をつうじた思考整理法であり、コミュニケーション」だと話す。そして、「紙1枚」にまとめる作業は、①考えるベースとなる情報を書類に「整理する」、②自分なりの「考え」を書類に「まとめる」、③書類の内容を誰かに「伝える」という3つのステップで説明できるという。

「紙1枚」という最小限の資料作成をつうじて行う思考整理とコミュニケーションのノウハウを見ていこう。

ステップ1 考えるベースとなる情報を書類に「整理する」

●「情報不足」であることに気づく

第1ステップは情報のインプットだ。浅田氏によると、アウトプットにおける課題は、ほとんどの場合、インプット段階での情報不足が原因だという。

「考えがまとまらないのは、その人の思考方法や文章技術に問題があるのではなく、情報が足りていないから。そのことにまず気づいてほしいのです。私が指導しているのは、緑ペンで枠を、青ペンでキーワードを書く。そして赤ペンでまとめるという手法です(図1)。枠の設定については後述しますが、なぜ色分けするのかというと、ビジュアルとして情報が整理され、見やすいからです。キーワードを書き出せない人は、青ペンの書き込みが少ないことがひと目でわかります。これは情報不足の人の特徴で、情報の断片であるキーワードと、自分の考えがいっしょくたになっているのです。これらは、書き出すことで初めて気づくことなのです」

まとまりがなく冗長な文章になる原因は、情報過多で思考整理がつかないことにあると思いきや、意外にも情報不足が原因ということだ。

●“現地現物”の情報を取りに行く

では、情報不足を解消するためにはどうすればよいのだろうか。いくつかのことが考えられるが、まずは、単純に情報のインプットを増やすことが大事だ。

「情報不足を解消するための特別な処方箋はありません。強いて挙げるならば、トヨタ用語でいう“現地現物”― 一次情報を集めることをお勧めします。必要な情報をもっていそうな人に話を聞きに行く。会って話すのが難しければ、その人に関する記事や著作を読んでみたりする。自ら情報を取りに行く積極性が大事なのです」

●情報への接し方を見直す

そしてもう1つは、情報への接し方を見直すことだ。昨今は、マスメディア経由だけでなく、常に携帯しているスマートフォン等からも多種多様な情報にアクセスできる。一見すると情報過多だが、情報に「接している」だけで、ほとんど記憶に定着していないのだと浅田氏。

「研修でよく、その日の朝テレビやスマホで見たニュースを思い出して書き出してみようというワークをします。すると、意外と書けないものです。ニュースは間違いなく見ていて、それなりに感じたこともあるはずですが、記憶に残っていない。だから、いざ書き出そうとしてもキーワードが書けないのです」

情報は漫然と「見ている」だけでは、記憶として定着しない。記憶として定着させるためには、記録しながら聞くことだ。当たり前の話に聞こえるかもしれないが、これがなかなかできないのだと浅田氏はいう。

「推奨しているのは、手書きでメモを取ることです。今は、スマホなどのデジタル端末に入力をしたり、音声や動画で記録を取ったりすることもできますが、手を動かして書いた方が体験記憶になりやすい。紙に書くことで脳が働くという科学的な研究結果も出ていますし、何より思考が深まりやすいのです」

インプットの方法そのものは、特別なものがあるわけではない。それよりもまず、「情報不足」であることに気づき、情報を記憶として定着させることが大事なのだ。

ステップ2 自分なりの「考え」を書類に「まとめる」

●枠を作って記入する

インプットされた情報は、頭の中で整理するのではなく、とにかく書き出してみることが大切で、これが情報のインプットに続く思考整理の第2段階といえる。ただし、白紙に好き勝手に書き出すのではなく、一定のルールに則って行うと効果的だ。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,353文字

/

全文:4,706文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!