J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

特集│OPINION 2 前田鎌利氏  人の感情や価値観がポイント  社内で、仕事で実践できる! 前田鎌利流アウトプット力向上術

ビジネスパーソンが生み出すアウトプットには、社内向けと社外向けの2つがある。
双方のアウトプットの質やアウトプット力を高め、個人と組織の成長を両立させていくには。
プレゼンテーションクリエイターの前田鎌利氏に聞いた。

残り:3,467文字

/

全文:4,623文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

前田鎌利(まえだ かまり)氏 書家/プレゼンテーションクリエイター

書家/プレゼンテーションクリエイター/一般社団法人 継未-TUGUMI- 代表理事1973年福井県出身。5歳より書を始める。
2010年、ソフトバンク孫正義氏の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生として選考され、孫正義氏の資料作成などにも携わる。
2013年ソフトバンクを退社し、未来へ日本の文化を継承していく書道塾・継未-TUGUMI-を経営。
書家としてJリーグ「絶対突破」、JAXA「こうのとり」、彦根市国宝 彦根城」をはじめ多くの書を揮毫。
著書に『プレゼン資料のデザイン図鑑』(ダイヤモンド社)、『ミニマム・プレゼンテーション』(すばる舎)、パワーポイント最速仕事術』(ダイヤモンド社)等。

[取材・文]=菊池壯太 [写真]=前田鎌利氏提供