J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

特集│OPINION 2 太田 肇氏 人事とマネジメントで目指す Afterコロナ時代の企業と個人の “真のエンゲージメント”

テレワークの長期化は、単に働く場所が変化するという話にとどまらない。
マネジャーの役割、評価の方法、さらには組織の在り方まで、その影響は多方面に波及する。
働き方の変化がとまることはない時代における、マネジメントと人事の役割とは。
同志社大学政策学部教授の太田肇氏に話を聞いた。

残り:3,567文字

/

全文:4,756文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

太田 肇(おおた はじめ)氏同志社大学 政策学部 教授
1954(昭和29)年兵庫県生まれ。同志社大学政策学部教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。自称「組織学者」。
主な研究分野は「個人を生かす組織・社会づくり」。
著書に『「超」働き方改革 -四次元の「分ける」戦略- 』(ちくま新書)、『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書)など多数。

[取材・文]=田中健一朗