J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年11月号

CASE 1 クラレ 岡山事業所 eラーニングシステムのフル活用で 個々のキャリアから暗黙知まで 見える化を実現

化学メーカー大手、クラレの岡山事業所では、生産現場のニーズに合わせ、LMS(学習管理システム)を有効活用している。
その利用はeラーニングコンテンツの提供にとどまらず、資格試験対策や360度サーベイ、組織の状況把握にも範囲を広げている。

残り:4,274文字

/

全文:5,699文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


松本昌彦氏 環境安全部/総務部 課長代理

尾古雅章氏 総務部長

竹野入正利氏 ビニロン生産技術部主管


株式会社クラレ
1926年設立。スペシャリティ化学メーカーとして、生活用品や工業品に用いる多種多様な樹脂や化学繊維を開発・生産している。岡山事業所は1936年に開設。同社における国内最大の生産拠点である。
資本金:890億円(2015年6月末現在)、連結従業員数:8398名(2015年6月末現在)うち岡山事業所従事者数1596名(2014年12月末現在)、連結売上高:4850億円(2014年度)

[取材・文・写真]=田邉泰子