J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年03月刊

特集│CASE 2 味の素 社員のセルフ・ケアを支援 「知る」「考える」「動く」で 自然に健康になる健康経営

2003年に「健康推進センター」を設立するなど、早くから従業員の健康に関する取り組みを進めてきた味の素。
健康に関する全社員対象の面談は約20年の歴史があり、社員自身の健康への意識を高めている。
「る・る・く」に基づいたセルフケアのサポートについて、話を聞いた。

残り:3,515文字

/

全文:4,687文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

浅井 誠一郎氏
味の素 人事部 労政グループ 兼 健康推進センター(健康経営担当)

味の素株式会社
1909年創業。世界一のアミノ酸メーカーとしての高品質アミノ酸の独創的な製法・利用法の開発を通じて事業領域を拡大し、国内外で「食品事業」、「アミノサイエンス事業」を柱とした幅広い事業を行う。
「Eat Well, LiveWell.」をコーポレートメッセージとし、130 を超える国と地域でグローバルに事業を展開する。
資本金:798億6,300万円(2019年3月31日現在)
売上高:1兆1,274億円(2019年3月期)
連結従業員数:3万4,504名(2019年3月31日現在)

[取材・文]=村上 敬