CASE.1 NTTデータ “How to study English”ではなく、 “Why study English”の理念 語学習得の真の意味を全社員に問い続ける

国内システムインテグレーション最大手のNTTデータ。
大型M&Aにより大きくグローバル化を進めており、すでに世界41カ国以上で事業を展開している。
「語学のみの研修体系は設けていない」という同社の独自な英語教育方針について聞いた。

残り:3,042文字

/

全文:4,056文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る