J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年01月刊

気づきのエンタ ART 日本美術家列伝 〜室町〜江戸時代前期篇 順風満帆に画壇の覇者まで駆け上った大絵師・狩野永徳

人材開発担当者にご紹介したいエンタメ情報です。
仕事の合間の息抜きにぜひ!

矢島 新(やじま あらた)氏

跡見学園女子大学教授。東京大学大学院博士課程中途退学。渋谷区立松涛美術館学芸員を経て現職。
専門は近世を中心とする日本宗教美術史。
著書に『日本の素朴絵』(ピエ・ブックス)、『マンガでわかる「日本絵画」の見かた』(誠文堂新光社)など。
ゆるカワ日本美術史』(祥伝社)など多数。

狩野永徳は狩野派の棟梁・松栄の長男として生まれた。生年はポルトガル人が種子島に漂着し、鉄砲が伝来した1543年である。その鉄砲を武器に天下に覇を唱えたのは織田信長だが、信長に取り立てられて、永徳は画壇の覇者となった。

日本の絵画史を見渡しても、永徳ほど血筋の良い絵師はいない。父松栄は狩野派を築き上げた偉大な元信の三男なので、永徳はレジェンドの孫にあたる。永徳はこの祖父に、幼いころ、ことのほか愛され、物心がつき始めるころから、元信の英才教育を受けたという。室町幕府第十三代将軍足利義輝が三年ぶりに京都に帰った際、元信は将軍に拝謁しており、その時まだ十歳の永徳を同伴している。孫によほど期待をかけていたのだろう。

祖父らの期待に応えて、永徳は順調に大絵師への階梯を駆け上っていった。九歳年上の信長との関係がいつごろ始まったのかははっきりしないが、天正四年(1576)に建設が始まった安土城の障壁画制作を、信長から命じられている。安土城は現存しないが、その豪華さは語り継がれるところで、信長一代の基本史料である『信長公記』によれば、地上六階地下一階の七層構造の巨大な城郭で、数多くの部屋の襖や壁には、金をふんだんに使用した豪華な絵が描かれていたことがわかっている。そのすべてを永徳一門が請け負ったのである。

信長から秀吉に権力が移っても、狩野派の地位は揺るがなかった。秀吉が築造した大坂城(1583年)や聚楽第(1586年)などの障壁画制作を次々に命じられ、その期待に応えていくのである。ただ永徳にとって残念なのは、後の戦乱や火災の犠牲になって、作品の多くが失われてしまったことだ。

組織をまとめるマネジメント力も強み

しかし、残された作品には、彼の高い技量がうかがわれる。図版に選んだ唐獅子図屏風には、備中岡山城での講和に際し、秀吉から毛利方に贈られたという伝承がある。確かに戦国の覇者が好みそうな豪壮な絵である。その順風満帆な人生を映すように、画面には一片の曇りもない。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:619文字

/

全文:1,237文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!