J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

成長の仕掛け人 第9回 伝えきるコミュニケーションで信頼関係を築く 多様性を認め合い だれもが活躍できる 環境をつくりたい

昨年、ヤマハ発動機の人事部長に就任した藁科健一氏のキャリアのスタートは、鋳造技術のエンジニアだった。
異例の抜擢を経て人事のキャリアを歩む藁科氏に、その使命や仕事に対する思いを聞いた。

残り:2,965文字

/

全文:3,953文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
藁科 健一 (わらしな けんいち)氏
自動車、貴金属メーカーで鋳造技術のエンジニアとしてキャリアを積んだ後、2003年にヤマハ発動機に入社。
入社6年目より労働組合専従、その後B.C.Pプロジェクトに携わり、2014年に人事部に異動。2018年より現職。

Company Profile
ヤマハ発動機株式会社
1955年、主にオートバイを中心とした輸送用機器の製造メーカーとして創立。
現在は「感動創造企業」を企業理念に掲げ、「パワートレイン技術」「車体・艇体技術」「制御技術」「生産技術」という4つのコア技術を軸に、二輪車、マリン、特機、産業用機械・ロボットなどの分野で事業を展開するグローバル企業。
資本金:859億500万円(2019年6月末現在)
連結従業員数:5万3,977名(2018年12月末現在)

[取材・文]=谷口梨花  [写真]=上野英和